国債の格付けってなに?|先日のセミナーでも質問のあった国債の格付けについてこちらでも書いておきます。 国債は、「債券」のうち国が発行しているものです。 債券については「優しくわかる債券」をご覧ください(^ ^) 国債のリスクの1つに「信用リスク ...|FPラポール株式会社

幸せになるためのお金の知識

当ブログについて

筆者について

幸せになるためのお金の知識
ファイナンシャルプランナー FPラポール株式会社

FPラポール株式会社をSNSでフォローするならこちら


2018/05/17

money, セミナー, 債券

Post Title

国債の格付けってなに?

先日のセミナーでも質問のあった国債の格付けについてこちらでも書いておきます。

国債は、「債券」のうち国が発行しているものです。
債券については「優しくわかる債券」をご覧ください(^ ^)

国債のリスクの1つに「信用リスク」があります。
信用リスクとは、その発行体が約束した「利息」が受け取れなくなったり、満期にお金が受け取れなくなったりする可能性のことです。

国債の場合、その国自体の信用ということになります。
日本人が日本を信用しているのは当たり前だと思いますが、世界の国々からみたら日本は信用できる国なのか、どのくらい信用できるのかをあわらしているのが「格付け」です。

代表的な格付けの会社は米国のムーディーズ社やスタンド&プアーズ(S&P)社などです。

さて格付けとはどのように表されるのかと言いますと、アルファベットなのです。(格付け機関により異なる)

信用力が高い順に
AAA 1番信用力が高い
AA  信用力がある
A   信用力がある
BBB 投資として適している
BB
B
と続きます

投資をするのであればBBB以上のところが適していますよという目安なのです。

S&Pグローバル・レーティング・ジャパンが2018年4月30日発表したソブリン格付けリストを見ると
AAA   カナダ・オーストラリア・スイス・シンガポール
AA    イギリス・韓国・アメリカ・フランス
A     日本・中国・マレーシア・ペルー・ポーランド
BBB    イタリア・インド・インドネシア・フィリピン

となっています。

日本の位置はご覧の通り、Aです。
日本以外のアジアの国も多くあります。

インドや、インドネシア、フィリピンなどは人口の増加、人口の平均年齢が若いことなおから
高い経済成長をしていることが格付けが上がってきている要因かもしれません。

日本に住んでいるので、日本が1番安心できると思っている人も多いようですが、
世界に目を向けると、日本よりも通知表のいい国はあるのです。

まずは、世界に目を向けて見ましょう。

この記事が面白い・役に立ったと思ったら、今すぐSNSでシェアしよう!

この記事はと合わせてこちらもオススメ

この記事を書いたのは「FPラポール株式会社」

筆者「FPラポール株式会社」について

FPラポール株式会社をSNSでフォローするならこちら

幸せになるためのお金の知識
ファイナンシャルプランナー FPラポール株式会社

お金の事が心配…

多くの方が抱える不安のひとつに
「お金」の事があると思います。

当社では3つの方向から、
考えるべきだと思っています。

「収入・運用・計画」

これら全てを見直し、
ここをキッカケとし、
お金と真剣に向き合いましょう。

筆者について

幸せになるためのお金の知識
ファイナンシャルプランナー FPラポール株式会社

FPラポール株式会社をSNSでフォローするならこちら


▲最上部へ